人気ブログランキング |

ずだぢふむ   

↓ この前の「スンドゥブ」のところで、スーパーの売り場でオヤジが、
床に寝転んで大暴れ、って言ったけれど。
かーさんに大袈裟だ!って叱られた(汗)
オヤジは苦笑いだったけどな。。。

c0158573_10461072.jpg

でもな、最近見掛けなくなった、お店で子供が欲しいものをせがむとき、
床に寝転んだり大暴れしたりする事、仙台弁では「ずだぢふむ」って言うんだ。

シー坊がずだぢふんで、本を買ってもらった。
          「シー坊が大暴れして、本を買ってもらった」
オヤジはずだぢふんでまで、パフェを食べたがった。
          「オヤジは寝転んで大暴れしてまで、パフェをせがんだ」
なんて感じ。
多分「地団駄踏む」が訛った感じかな?
それからフムフムさんのところで仙台弁に触れていたので思い出した。

昔は町のあちこちに駄菓子屋さんがあって、
そこは子供達の天国って事は今も昔も変わらないが、
そこで売っているくじ(?)付きのお菓子、
ひも付き飴や舐めて当たり外れの出る紙とか、
そう言ったものを仙台弁では「とすけ」って言う。
買いに行く時は「こんにちわ」とか「ごめんください」ではなく、「もーしー」

「もーしー」は「申す」が変化したものらしい。武士みてえだな。
そしてかーさん子供の頃はその、近所の駄菓子屋に行って「どんどんやき」を
食べるのが最高の楽しみだったって。
「どんどんやき」って、今で言うお好み焼きなんだが、仙台のは薄っぺら。
まるでクレープみたいに薄い皮に紅ショウガや葱や、キャベツ入れたかなあ???
それに七味醤油をつけて食べる。割り箸にくるくる巻き付けていたような気がするって。

勿論、紙芝居もあった(凄い昭和!←かーさんの声)
パリパリの海老煎餅にソースを垂らして食べながら、紙芝居を見る。
ビンボーだったかーさんは海老煎餅を買えなくて、遠くから眺めていた事もあったらしい。

そんな昔を思い出したのも、
オヤジが「ずだぢふんだ」から。(だから違うって・・・←かーさんの声)
仙台弁、バンザイ!

by seechan2525 | 2012-02-11 11:04 | シボちゃんの仙台弁講座 | Comments(14)

Commented by jun at 2012-02-11 14:47 x
お国言葉って、懐かしくて楽しいですね。
子どもの頃、父の転勤で各地を転々としたため、私にはお国言葉がありません。
今では、結婚してからずっと住んでいる広島弁が時々出てきます。
Commented by green-field-souko at 2012-02-11 19:36
まるでクレープみたいに薄い皮に紅ショウガや葱や
キャベツが入っているお好み焼きで、
お箸に巻きつけてあって、七味醤油をつけて食べる。

あとは発泡酒があれば完璧!   だよね?w

東北っぽいのに、いまひとつ仲間に入れてもらえないこちらは、
「ずンだすふむ」と言います。
「ン」は強く発音せず、「ず」と「だ」の間に遠慮がちにはさむ。
けど、ちょっと街のほうへ行くと、「じんだしふむ」と洗練される。
ただねえ、使う場面がないのよ。あたくし、よい子だからあ(爆)
おやじさまに、よろしくー^^
Commented by シー坊 at 2012-02-11 21:10 x
jun様、転勤族ですか?
私も下町から超ド田舎へ転校し、そこでズッポリ方言に浸りました(笑)
懐かしいことば達…
何時も使うことは無くても、忘れずにいたいですね。
Commented by シー坊 at 2012-02-11 21:18 x
草子様、新潟の言葉って、どこか東北と似ているよね。
でも仲間に入れないなんて、それはちょっと京訛りが入っているからでは?
義妹のダンナの、何とはなしに関西系のイントネーションが、新潟は西日本的なのかと…
でもホント、似ているよね~!
Commented by ekoekolove at 2012-02-12 08:50
じぶんとこのお返事がまだですが
書きに来ちゃった。

草子さんと一緒にお出かけして
寝ころんで駄々こねさせたら相当な器ですよね。笑
「これ買って~!」と言わせたい。ふふふふふ

いま住んでるところ、年配のひとは微妙に混ざるだけですけど
子どもたちはべったべたの方言を使うことがあります。
それが方言だとまだ知らないんでしょうね。

大きくなって使わなくなっても、覚えていてほしいなー
と、聞く度思うのであります。

うちの旦那氏は、遠州弁を全国共通だと思い込んでるので
理解するのに数年を要しました・・・
それはまた、別の問題か・・・・・・・
Commented by シー坊 at 2012-02-12 17:16 x
あやちん様、子供達の方が方言使ってる?
それって凄く素敵な事じゃない?
だってお年寄り達はともかく、若い人達はやはり直そうとするもの。
私実は子供の頃は街中に住んでいたので、訛りはなかったのです。
小学校低学年で今実家のある超ド田舎に越してから、
あっという間に地域に溶け込みました^^;
なので一応、全国共通でない認識はございましてよ。
あやちんダーリンはあっぱれ!だわ。素敵だわ。
確かに別の問題、ありそうだけど(爆)

草子様と二人で「ずだぢふんだり」されたら、
あたしゃ明日っから仙台で生きて行けない(汗)
やめちくれ〜(滝汗・大汗・脇汗・足裏汗←?)
Commented by green-field-souko at 2012-02-12 20:38
あら? 呼んだかしらw

ずだぢ踏む、気持ちの準備はできていてよ。
あやちんと「ずだぢ姉妹」とでも名乗ればいい?w
ある意味、最強かもしれない。むふふ~ん。
Commented by シー坊 at 2012-02-12 21:00 x
草子様、いえ、「ずだぢ姉妹」呼んでないから!!
もう、イヤッ!!(爆)
Commented by フムフム at 2012-02-14 10:45 x
「ずだちふむ」懐かしー
私は子供のころよくずだちふんでばっちゃんに、ごしゃがれだのしゃー
そのぐらい自己主張が強かった子だったのかなー

仙台弁のこと記事に取り上げてくださりありがとう~
関東に来てから、人と会話すると「どちら出身ですか?」と聞かれます。
私的には、標準語で話しているつもりなんですがね(トホホ)

でも開き直ってわざと仙台弁で話すと、インパクトがあるらしくて
きっかけができますね。
関東にせんだいべんひろげっぺっちゃーのいぎおいでね
Commented by シー坊 at 2012-02-14 12:48 x
フムフム様、そちらでの記事で思い出しました(^_^;)
あまり地元に居すぎて、どれが方言か、標準語かわからなくなりまして…
『シボちゃんの仙台弁講座』カテゴリーが中々記事が出来ませんでしたが、これからはフムフム様の所でネタを拾わせて頂きますね(^_^;)
Commented by いんこタックル at 2012-02-15 06:57 x
おはようございます。
「シボちゃんの仙台弁講座」なかなか面白かったです。
みうも仙台ですけど・・・あまり使ってなかったみたい。
今度仙台に帰ったとき 母や弟、友達に聞いてみます。
仙台弁といえば 独身時代勤めていた時 上司が
「かばねやみ」仙台の方言と言ってたのおもいだしました☆
Commented by ta-samaa at 2012-02-16 21:21 x
多分それは、「はしまき」というのだと思います
こちらでは、お祭りとかで見かけますよ
割りばしにぐるぐるって、巻いてあります

仙台弁講座、久しぶりですね^^
う~ん、こちらでは何というのかな?
駄々こねてるときは、「なんば、しよっと!そぎゃんことしてもわからんばい」というのが、普通で・・・駄々こねる??
方言が思い出せない
Commented by シー坊 at 2012-02-18 10:17 x
みう様、仙台でも街の中心部ではあまり使われていないかも(汗)
かばねやみ!逆にこれって大人になってから聞きました。
「なまけもの」の人の事ですよね。
頭痛持ちの事だと思ってました(爆)
Commented by シー坊 at 2012-02-18 10:20 x
た〜様、「はしまき」?ああ、どんどん焼きの事でしょうか?
今でこそお祭り位しか見掛けませんが、昔は普通にあったんですよ。
50円玉握りしめて、「どんどん焼き焼いて!」なんて・・・懐かしい。

そうそう!ずだぢふむって、標準語なら「駄々をこねる」ですね。
ニュアンスの違いはあっても、そんな感じです。
方言って面白いし難しい(笑)
もっと思い出したら(普通に使い過ぎているのでピンと来ない・汗)
使って行きますね〜。

<< 雪国・会津へ どぅぶどぅぶ・スンドゥブ >>