<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

仙台・花のたより   

白鳥もまだ北へ帰ってはいなかったし、朝なんか未だに氷点下の時もある。
そんな仙台だが、今朝のお散歩ではちょっとだけ春を感じたぞ。

c0158573_985712.jpg

足元にはちっちゃいつくしんぼ。
かーさんはオイラの頭に似てるって笑うんだ。ちぇっ・・・

c0158573_995429.jpg

うす紫のホトケノザ・・・優しい彩りが綺麗だな。

c0158573_9121454.jpg

桜はようやく莟が持ったものの、まだ堅そうだぞ。
花見にはまだ早過ぎるなあ・・・

c0158573_9131019.jpg

紅梅の莟かな?だいぶ膨らんで、この分だと日中の陽射しで咲くのかも。

c0158573_9135225.jpg

先週お墓参りで行った山のお寺は、梅が見事に咲いていたんだが、
河原は山より寒いのかなあ・・・梅も満開の見頃には程遠い・・・

c0158573_915541.jpg

ようやく開いた梅の花を見つけた。
少しづつ、一歩づつ春が近づいているんだなあ。
まだまだ冷たい空気に触れて、花の季節の待ち遠しいオイラだった・・・
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-31 09:17 | 季節感 | Comments(4)

白鳥の別れ   

ここ数日、本格的な春を思わせる陽気で、全国で花見が始まったらしいが、
ここ仙台ではまだまだ先の事だ。
でも急がないと、白鳥達に一度も会わないうち、ヤツら北の海へ帰って行っちゃう!
ってんで、久々に朝も冷え込んだ土曜日、朝のお散歩に行って来た。

c0158573_8544467.jpg

本当にブルッ!と来るような冷え込み・・・
それでもまだ冬枯れの残る広瀬川河畔は、6時ともなるともうこんなに明るい。
春は近いのかなあ・・・上流付近の堰の近くまでひたすら歩く。

居た居た・・・

c0158573_8565187.jpg

土手に数羽の家族(?)と、水辺に白い点々・・・
今までに無い位たくさんの白鳥達がやって来ていたんだ。
オイラ、来たぞ!皆元気だったか?

c0158573_858599.jpg

うふっ・・・

c0158573_858381.jpg

白鳥さん達もオイラに挨拶しに寄って来たぞ。

c0158573_8596100.jpg

今頃来やがって・・・なんて言ってるかどうかは分らねえが、
オイラを遠巻きに不思議そうに、忌々しそうに見てる。
ゴメンよ、かーさんが風邪だったり疲れていたり、寒がりだったり・・・(コラッ!)

c0158573_903378.jpg

そして旅立ちの練習・・・

実はこの写真のあと、もの凄い群れが一斉に川面を飛び立ち、
オイラとかーさんの比較的ギリギリを低空飛行で飛んで行った・・・
例によってあまり突然だったので、カメラを構える間もなく唖然として眺めていた。
しばらく旋回していたものの、側に居た人達も驚くほどの群れの数と低さ。
やっぱりオイラを待っていてくれたんだな・・・
(かーさんはあまりに近くて、糞でも落とされるかと冷や冷やしたそうな・・・)

来年もきっと来てくれよな!
オイラ待ってるからな!
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-31 09:05 | 広瀬川便り | Comments(0)

新潟別れの時   

新潟の最終日は、風は強いものの見事な晴天。
市内で観光物産展を冷やかして(?)ラーメンランチをしたあと、
また日本海を見に行った。

c0158573_12185630.jpg

遥かに見渡せる、紺碧の日本海。
カメラの性能が良ければ(腕じゃないよね!)佐渡島まで見渡せるんだが・・・
オイラとぼーちゃんはだまって彼方を見る。
また何時会えるか分らねえが、きっとまたおいしいお酒を呑もうねって。

c0158573_12201072.jpg

草子お姉さんがお土産にって、新潟の特産品の珍味を買ってくれた。
そして草子お姉さんに抱っこされて写真を撮る。
嬉しいなあ・・・
「ぼーちゃんも連れてっても良いよ」ってお姉さんは言うけれど、
ぼーちゃんはそう言うと何時も不思議そうな顔をして
「何言ってんだ。オイラが居なけりゃお姉さん寂しいくせに。」とか、
「オイラの居所はここだぞ。たまに仙台に行くのは良いけどな」なんて言うんだ。
ぼーちゃんは自分の居場所をちゃんと知ってる子なんだ。

c0158573_12281355.jpg

そして出発のバス時間がやってきた。
かーさんに抱っこされて、バスの外にぼーちゃんを探すオイラ。
バスの外でぼーちゃんを出来るだけ高く掲げてくれる草子お姉さん。
有り難う、本当に楽しい3日間を有り難う。

まだ来っかんな!
ほれまで元気でいさいよ。
ぼーちゃんもきっと、来てけさいよ!
うめもんめっけどくがらっしゃ。


註:また来るからね。
それまで元気で居てね。
ぼーちゃんもきっと、来てね。
美味しいもの見つけておくからね。
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-24 12:32 | シボちゃんの仙台弁講座 | Comments(10)

ダイエット完全失敗の旅   

今日のパソコンの状態は大丈夫か?
ご機嫌はいいか?
こんな事聞きながら記事を投稿するのも、最近益々パソコンの機嫌悪くてなあ。
入力の途中、コメントの途中、検索の途中で突然画面自体が消えたりするんだ。
先日ぼーちゃんに会いに言った新潟の旅でのラーメン記事、
今まで何度も消えちゃって、かーさん泣いてた。
パソコンの機嫌がいいうちに、行くぞ〜

まずは新潟市内。
人情横町にてアッサリ支那そば系のラーメンを頂く。

c0158573_11224246.jpg

店内は2:00をゆうに過ぎているのに行列。
オイラとぼーちゃんと草子お姉さんとかーさんは、
小雪のちらつく戸外で待つ事約15分、
ようやく鶏出汁のふんわり利いた店内に入った。

c0158573_11241634.jpg

正統派支那そば系。ふわあ・・・美味しそう・・・
でもぼーちゃんは満足せず。

c0158573_1126955.jpg

「新潟県民はラーメンにうるさいからな。麺がちょっとなあ」
そうか?オイラこの細めのストレート麺、美味しいと思うぞ。

翌日はオイラ念願の朝ラー!
草子お姉さんのお住まいの割りと近くにあるので便利。
でもお姉さんもぼーちゃんも二日酔い・・・大丈夫か?

c0158573_11272887.jpg

おっ、これもアッサリ系かと思ったら、意外に濃い。
朝からどうか・・・と思ったけれど、7:00台に関わらず店内は人・人・人・・・
そして軽く二日酔い気味で食欲の無かったオイラだが・・・

c0158573_11291464.jpg

何と!
食べ進むうちにそのカツオ出汁の利いたスープに触発され、
どんどん元気が出て来てすっかり頂く事が出来た!うんまあい!
ぼーちゃんはとうとう半分以上残してノックダウン!
朝ラーで無ければ、オイラ食べてやるんだが・・・

次は栃尾展を観たあと、長岡ラーメンの生姜醤油系を探す。

c0158573_11312896.jpg

多少は元気を取り戻した(かに見える)ボーちゃんお勧め。
かなり濃い味の醤油ラーメンにほんのり生姜の風味が人気らしい。

c0158573_11322823.jpg

おわっ!本当に濃い・・・真っ黒に見える。
生姜の風味はほんのり仄か・・・過ぎて、あまり感じられない。
麺も今朝頂いた新潟の朝ラーの方が、オイラには好みだなあ。
塩っぱいので喉が渇きそうだぞ・・・

c0158573_11334168.jpg

それでも麺は完食・・・ぼーちゃんはやっぱりノックアウト。
これは夜のビールが待ち遠しいぞ(何時も待ち遠しいが)

そして最後は燕三条系と言われる、背油チャッチャ系の元祖、燕ラーメンへ。

c0158573_11351648.jpg

実は背油チャッチャ系はかーさんに言わせると「邪道」なんだそうだ。
コクと旨味を純粋にスープで取れないなんて、
背脂に頼るなんて・・・て事らしいが、最近はその旨味に文句言わなくなった。
(いい気なもんさ)
このラーメンにも文句のつけよう無くズルズル啜っては、
「ほおぅ、美味しい。旨味が出るのね」なんて、今更ながら言ってる。

c0158573_11383895.jpg

ぼーちゃんは前日の二日酔いの影響か、
はたまた元々胃腸が繊細で、かーさんのガサツさとは比較にならないからか、
新潟アッサリ系の醤油ラーメン。
新潟のラーメン文化は奥深いなあ。
ありとあらゆるラーメンが点在し、三条系と言う独自のカレーラーメンさえあるらしい。

c0158573_11403384.jpg

ダイエットの為と言いながら最近、余程の事が無いとスープは残すかーさん。
全て美味しく頂いてもスープは残したとは言え、
これだけラーメン喰ってちゃ、完全にダイエット失敗だよな。
おまけに夜も美味いもん喰って、好きなだけ呑んでるし・・・

まあ良いか、楽しい旅だったしな。
かーさんよりも、ず〜っと胃腸も舌も繊細でデリケートな草子お姉さん・ぼーちゃん。
オイラ達に付合ってくれて有り難うな!
本当に感謝してるぞ!
仙台ではご当地ラーメンて特にねえんだが、
もし来れる機会があったら、お勧めのラーメンを探しておくぞ。
きっと、また一緒にラーメン旅しような!
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-24 11:49 | シボちゃんの麺活日記 | Comments(4)

超濃厚魚貝系!   

先日のお墓参りの帰りだったかなあ?
恒例のラーメンランチをしたくて、お気に入りのお店に行ったんだが、
とにかく行列が凄いので諦めて次のお墓へ向かった。
その帰り道、どっかで見掛けたような気のするのぼりを見掛けた。

c0158573_110914.jpg

あっ、これは最近埼玉で流行っていると言う、
“もちもちの木”っていう中華そばやじゃねえか!
予定時間に昼食を取り損ねてお腹ぺこぺこのオヤジ、
喜んで広い駐車場へ車を停めた。

c0158573_1121234.jpg

濃厚魚貝系のスープが特徴の中華そばが人気!
ほほう・・・店の外はあまり人が居ないものの、中の待ち合いはたくさんの待ち人・・・
そして店内はちょっと薄暗く、ゴツゴツの柱や丸太をそのまま椅子に見立てた、
古民家風の作りになっていてお洒落。
オヤジは勿論人気の中華そば、かーさんはガッツリ系の味噌ラーメンを頼む。

c0158573_1143969.jpg

おうっ!
と一声出るくらいの濃厚な魚貝出汁の香り。
魚好きのか−さんは流涎ものだが、本来あっさり系が好きなオヤジ、
かなり怯みながら箸を入れる・・・なんと!

c0158573_11104747.jpg

『ご自慢』のメンマ。
メンマじゃ無く、穂先タケノコをそのまま味付けした感じ。
かなり太麺で、噛み応えバッチリ!
かーさん大喜びで(オヤジのラーメンなのに)食べる。

c0158573_1172351.jpg

かーさんの味噌。
これまたコクのカタマリ!
癖のある味噌ダレが、寒かったこの日の気温に合う!
かなりしょっぱぁ〜、と言いながら、オヤジもかーさんもガツガツ頂く。

c0158573_11111287.jpg

ホカホカになりお腹も満たされた。
今度来るときは絶対醤油・大盛り!
なんて張り切っているかーさんを横目に、オヤジは少し持て余し気味。
日本中のいろいろな味を地元で堪能出来て、ちょっと満足なオイラだった。
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-24 11:16 | シボちゃんの麺活日記 | Comments(2)

北国もちょっと春   

c0158573_15303356.jpg

山のお墓参りで、春を見つけたぞ。

c0158573_1530333.jpg


曇り空ながら、紅梅が開きかけている。

c0158573_15303330.jpg


顔を寄せると、ほんの~り甘酸っぱい香りがした…
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-20 15:30 | 季節感 | Comments(4)

大好き八朔   

はるいろ…

c0158573_20311869.jpg



爽やかな香りが広がるぞ!
c0158573_20311854.jpg

[PR]

by seechan2525 | 2013-03-19 20:31 | 季節感 | Comments(0)

春彼岸の入り   

暖かな彼岸の入り…
正面がまだ雪の融けない泉ヶ岳。
c0158573_10224132.jpg


あの麓のお墓に、お参りにいってくるぞ。
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-17 10:22 | 季節感 | Comments(2)

そう言えば…   

何と!
今日はホワイトデー。
オイラもかーさんも忘れていたぞ。

c0158573_22124426.jpg

オヤジから、プレゼント。



ホワイトデーって、“ぢみ”だなあ…





新潟のニュース、まだ載せたいんだが、写真が多すぎるのか、シボ家のパソコンでは重すぎるみたいで、
何度も消えちゃった…
時間をおいて、載せたいぞ。
待ってて欲しいぞ。
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-14 22:12 | 年中行事 | Comments(4)

ぬくもり栃尾展と新潟の暮らし   

今回の旅の目的は幾つかあった。
1.ぼーちゃんと呑みまくり喋りまくること(一番大事なことだ)
2.海に降る雪を見る、又は海に沈む夕陽・怒濤の日本海を見る
3.新潟ラーメン街道の制覇
4.そしてこれまた大切なこと。
草子お姉さんが手がけたぬくもり栃尾展を観ること!

c0158573_10204420.jpg

ぼーちゃんは時々現場へ行く草子お姉さんについて、出掛けていたらしいが、
こうしてカタチになったところを見るのは初めてらしい。
今は合併して長岡市となった栃尾の、生活の軌跡を楽しめる展示会だ!
(残念ながら我が家のパソコンでは、栃尾の観光協会のHPへアクセス出来ませんでした!)

c0158573_10225431.jpg

展示された人形をかぶり付きで見るオイラ達

c0158573_10233998.jpg

香木を使ったお香の遊び。真ん中の赤い布に、仄かな香り・・・

c0158573_10251887.jpg

かなり豪華なべっ甲のかんざし・・・
この他にこの地方の贅を尽くした「栃尾紬」の振り袖があったんだが、
残念ながらかーさんの写真の腕が・・・#$☆%&@○♪&#

c0158573_10264233.jpg

その栃尾紬の元となる繭玉。
綺麗だなあ・・・触れて手に持つと、カラカラ音がする。
さなぎが入っているんだって!

c0158573_10274795.jpg

ぼーちゃんは本来、こんな子ではありません(かーさんの注釈:滝汗)

c0158573_10312141.jpg

婚礼の献立。達筆過ぎて読めない・・・
草子お姉さんが読み上げてくれる。
普通のオカズのようだが、この時代にしては贅沢な品なのだろう

c0158573_10323083.jpg

あっ!つんぬき(左)と、どんぶく(右)
雪深い栃尾の庶民の、冬の防寒服らしい。
「つんぬき」「どんぶく」って言うのは宮城県での呼び名なんだけれど、
北国は何処へ行ってもこんな風に綿入れの暖かな衣類で暖を採るんだなあ。

c0158573_10421580.jpg

このあと、実際に栃尾の町へ向かったんだが、
地元のぼーちゃんも驚くこの豪雪!
道の駅でちょっと休憩することにした。

c0158573_1039439.jpg

栃尾紬を織る機織機があった。お約束通り、絡んでみる

c0158573_10408100.jpg

実際に絹糸が仕掛けられてあり、素朴で暖かな風合いの布が出来かけている。
(お客様へ、手を触れないで下さいね!←かーさんの声)

c0158573_10441689.jpg

そして草子お姉さんお勧めの、栃尾の油揚げ。
焼きたてを頂くんだが、ホカホカの揚げにたっぷりの葱、これでもか!って位のカツオ節。
あちあち!ハフハフ・・・最高だ!
パックで包み、晩酌のオカズにする為持ち帰る(サスガ!←かーさん、感心)

残念なことにぼーちゃんの二日酔いが抜け切らないので、
危険な雪道はここまでにして草子お姉さんのお家に帰ることにした。
滅多に体験出来ない栃尾の生活に、ほんのちょっとだけ触れられて、
オイラは感動しきりだった・・・

翌日は新潟市内の物産展へ
[PR]

by seechan2525 | 2013-03-09 11:02 | お出掛け | Comments(17)