<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

街中の憩いの景色   

例年だとGW辺りが田植えの最盛期か、始まりのこの辺り
さすがに今年はかなり遅れての作業が目立っていた
でもな、今日かーさんの用足しについて行った先で、こんな景色を見た

c0158573_15522748.jpg

ここは仙台市太白区長町南と言って、街中でも地震の被害の多かった地域
断層の真上にある街で、道路の陥没、断裂や液状化で今も交通状態はあまり良くない
そんな一角に、たっぷりの水をたたえた田んぼが、緑の稲を風にそよがせていた。。。
きれいだなあ。。。排気ガスなどで空気はきれいなはずじゃないけれど
この周辺は高層マンションやショッピングモールが立ち並ぶ、結構な住宅街なんだ

えっ?ちょっと待てよ
写真の矢印の辺り。。。見えるかなあ?
鴨らしき鳥が、水辺を突いている
自然合鴨農法か?水紋を作って気持ち良さそうに泳いでいる
人にとって気持ちの良い景色は、鳥にとっても気分の良い景色なんだろうなあ
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-28 16:01 | 季節感 | Comments(16)

青葉の季節   

う〜っ、蒸し暑い・・・
昨日土曜日は、日本列島真夏みたいだったようだな
5月のまだ中旬を過ぎたばっかりだって言うのに、真夏日を記録した地域が
沢山あったって夕方のニュースでやっていた
ここ仙台もとうとう27℃を記録していた
そんな中、ちょっとだけ涼しい所に行ってきたので写真を撮ったぞ
今回は携帯での写真しかねえが、かーさんの腕だもの
携帯だろうとコンパクトデジカメだろうとデジイチだろうと、
さほど変わらねえからな(悪かったね、何度も何度も言わんで良い!←かーさんの声)

ここは伊達政宗の遺言によって建立された瑞鳳殿という霊廟に隣接したお寺
野鳥の声、苔の香り、沢山の草花
5月の今、まさに緑だらけの清々しい空気を味わって来た

c0158573_10304275.jpg
c0158573_1031933.jpg

c0158573_10312398.jpg
















かーさんは紅葉して真っ赤になったモミジも好きだが
今時分の緑キラキラのモミジのほうがもっと好きらしい
木漏れ日を浴びたモミジが、本当に美しい

c0158573_10322792.jpg

痛い位の日向に咲く赤い花
椿みたいだけど???

c0158573_10353419.jpg

オヤジがお気に入りの、これはアヤメかな?
白に紫の模様がとっても高貴で清々しい

(あやちんさんとオズさんのお陰で、どうやら「シャガ」という花らしいと判明
お二人に感謝!かーさん、無知むちムチ)

本当はもっと色々見学したかったが、遠縁のお墓参りのついでだったので
今回はここまで・・・
でも蒸し蒸しする一日を、少しだけ爽快にしてくれる場所だったぞ
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-22 10:43 | 季節感 | Comments(21)

輪ゴムでポーズ   

親バカかーさん、オイラが口に手を当てて
ビックリ・ポーズというか、オドロキ・ポーズというか、その表情が可愛いんだって!
で、何時もお世話になってるTeddy Bear’s Diaryのjunさんに
くまのくーたんの可愛らしい仕草の秘訣を聞いた所
「輪ゴムを使ってみれば?」とアドバイスを頂いたらしい。。。
早速輪ゴムの刑に処されたオイラ・・・
c0158573_10204762.jpg


ここまでしてブログに載せるような事か?
オイラ呆れて、何も言えねえ・・・
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-22 10:21 | 日々の出来事 | Comments(8)

かーさんの不良化   

先日のラーメンの日記に頂いたコメで、一人ラーメンは腰が引けると言う話
かーさんは以前からラーメン屋は平気だった。。。
一人でふらりと入って、ズルズルと啜って帰るんだ
女性でも一人ラーメン、良いと思うんだ
確かにカッコいいかもな、若くてきれいなお姉さんだったら。。。

でもな・・・実は昨日かーさんの職場でまた本社から偉いさんがやって来たので
今度は会社の会議室を使ったらしいが、親睦会って名目で飲み会があったらしい
人数の少ない職場なので、派遣と言えど、お断り出来ない雰囲気だったらしい
だから、多少遅くなるのも、飲んで帰るのもそりゃ仕方ねえのさ

でもな・・・その飲み会は18:30には終了したってえのに

c0158573_19304563.jpg

「いや〜、あのコメント見たら、久しぶりに一人ラーメンしたくなってさー037.gif
だってさ・・・
オイラとオヤジが待ってるって言うのに・・・
ここは言わずとしれたトンコツラーメンのメッカ一風堂の、仙台東口店
オイラはまだ行った事がねえが、かーさんはここのトンコツ博多ラーメンが
大のお気に入りなんだってさ
気を使いながらの親睦会で、食べた気もしなかったろうから
帰る道すがら、ふらふら立ち寄っても仕方ねえさ・・・

でもだからってビールなんか飲んでたら、本当にすっかりオッサンじゃねえのか?
不良化って言うより、“更に進むオヤジ化”ってとこだよなあ
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-20 19:40 | 日々の出来事 | Comments(10)

食欲の春?   

恒例の(?)週末ラーメンを食べに行ってきた
いや、ラーメンを食べに行ってきたのじゃなく、お出掛けのついでにラーメンだ(汗)
まっ、どっちでも良いか・・・

今日行って来たのは以前も行った、安いチェーン店の幸楽苑
朝刊に“復興支援企画”って事で、お食事の10%割引券が入っていたんだ
だから何時もは味噌ラーメンとかせいぜい味噌ネギとかなんだが
今日は大奮発して(?)季節限定の「春筍と海老の塩ラーメン」ってのを頼んだ
c0158573_15152890.jpg


海老好きかーさんの鼻がひくひく止まらない
プリっプリの海老と筍の他に、乾燥した芝えびが散らしてあって
芳ばしい香りが食欲をそそる・・・茹でた小松菜?かなあ、良いアクセントになってるぞ
久しぶりの塩ラーメン、まあ満足の1杯だ
そしてオヤジは・・・あれあれ?何時も野菜を残すってかーさん嘆いているのに
塩タンメンを注文した。。。

c0158573_15214269.jpg

これはこれでアッサリしてごま油の香りがいい感じに効いてる
だけど・・・やっぱりオヤジ野菜はすっかり残した
勿体ないって、かーさんと器をチェンジしてかーさんが野菜を食べる
かーさん、これで痩せられるはずがねえ・・・

さあ、今日はこれから発泡酒を買いにいって午後からは仙台のサッカーJ1チーム
ベガルタ仙台のホームゲームをテレビで観なくっちゃ!
忙しい、忙しい・・・




残念ながら大味だったベガルタの試合
前半2-0で勝っていたのに、後半追いつかれ
試合終了ギリギリでようやく突き放すものの
ロスタイムでまたまた追いつかれて、結局引き分け勝ち点3を逃しちゃった・・・
ん〜、ざんねん!

[PR]

by seechan2525 | 2011-05-14 15:41 | オイラの好きなもの | Comments(22)

春のテレビ塔   

仙台タワーならぬ、八木山テレビ塔

c0158573_10321971.jpg

もやもや〜んとした、霞がかった山に、きれいに映える

そしてもう少し近づいてみた

c0158573_10333465.jpg

青空にくっきり!中々良い眺めだなあ

ぱまるさん、見てくれるかなあ
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-14 10:35 | 今朝のお気に入り | Comments(0)

春の河原は大増水   

久しぶりに早起き散歩に出掛けて来たぞ
まだ6時前だって言うのに、陽はもう昇り切っていて暑い位だ
昨日、一昨日と降った雨で、広瀬川はもの凄い水かさ
堰の辺りなど、流されそうだ・・・

c0158573_10211272.jpg

音ももの凄い!でも水辺の音は良いなって、かーさんウットリ・・・

c0158573_10221489.jpg

水は濁り切っていて鳥達もあまりいない
でも水音とともに吹き渡る春の風は、やっぱり心地良いな

そして春は春でも、桜の頃とは違う花が沢山咲いていた

c0158573_10242759.jpg

ハルジョオンやシロツメクサにアカツメクサ
それからツツジ?サツキ?朝露を受けてキラキラしてる

c0158573_10261940.jpg

山々の緑は少しづつ濃さを増していく
今頃の緑具合が一番好きだってかーさん
もう少ししたら、今度は初夏の風景になるのかな〜
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-14 10:28 | 広瀬川便り | Comments(4)

二日目   

翌日(3月12日)

慣れない車中泊と夜通し続いた余震で、まともに眠れるはずも無く、それでも昨日の吹雪が嘘のような美しい朝が来た。

早速家に戻り足の踏み場を取り敢えず確保。
それから食料確保!早めに(この頃まだ7時前)学校へ行こう!
でも既に学校は食料を求める人で長蛇の列。
おまけに、仕方ないとは思うものの、本当にしょうがないとは思うものの・・・
糞便や人の体臭、それに混じった食べ物の匂いで狭い体育館は充満していた。
5分ほど並んで吐き気を催す。
やむを得ずオヤジ様に引きずられるようにして、寒い屋外へ出る。
情けない。。。情けなかった。
でも二か月が過ぎた今でも、このようなプライバシーも、手足を伸ばす空間も限られる避難所に生活する人たちがまだ居るのも事実。
それを思うと・・・それだからなお罪悪感は私達を苦しめているのだ。

それでもお腹は空く。開いているコンビニを探し、自転車で町中を走る
ようやく飴を手に入れ家に戻る。パンもオニギリもカップ麺も、乾電池もホッカイロもガスボンベも全く手に入らない。
これじゃ痩せちゃう(痩せたいが・・・)、少し足を伸ばして太白区の長町商店街まで行こう!
あそこなら色々なお店があるから、1店や2店くらい、何か売ってくれるだろう。

コンビニやスーパー、食べ物を扱うお店の前には必ずと言っていいほど行列、
でもその店が何かを販売する保証は無く、シャッターさえ開いていないのだ。
その中でお肉屋さんの前に「9時からコロッケ売ります」の張り紙を見つけ
小躍りして列に加わる。
ようやく手に入れた熱々のコロッケ。。。
さくさくの衣を噛み締めると、ねっとりと甘いジャガイモが流れ出て舌を焼く。
こんなにおいしい食べ物が、この世にあったなんて・・・
本当にそう思えるほどの美味しさだった(実は芋コロッケ少し苦手)。
買った店先でオヤジ様と二人、涙ぐみながらハフハフ食べた。
そして3個残ったコロッケをカイロ代わりにして、また店を探す。

今度はお米屋さんの前に行列。
「11時からオニギリ売ってくれるんだってよ」やった!有り難い。
手に入れた時には既に12時を過ぎていたけれど。
コロッケとオニギリを手に、家に帰る。
ところでビンボーが売り(?)のシボ家、常にはお金など持っていないのに
11日の昼にたまたまお金を下ろしておいて正解だった。
小学校の配給以外は普通にお金を出して何でも買わなきゃいけないのに、
銀行ATMが全く機能していないんだから!

そしてシボ家の冷凍庫には食物が無くても、保冷剤だけはたっぷりと詰め込まれている。これが後々功を奏した。
丸三日電気が来なくて冷蔵庫が冷えなかったにも拘らず、中のものは腐るどころか、アイスクリームも溶けずに済んでいた!ラッキー!
水だけは最初から出続けてくれていたけれど、食料確保は最重要問題。
食べたい気持ちをグッと抑え、オニギリ3個とコロッケを1個残して片付けと掃除を始める。

掃除とは言っても停電の為掃除機が使えない。
ホウキと塵取りで、原始的にゴミを集める。
ところが食器や飾り物が壊れて砕けたゴミは重く、ホウキでは中々集められない。
結局手で集めてゴミ袋に入れる。
埃だらけの家の中、取り敢えず今晩眠る事が出来るような状態にした。
・ ・・が、陽の射さない家の中は驚くほど寒い。
電気は来てないけれど我が家には石油ストーブがあるのでそれで暖をとろうと火をつける・・・が、着かない。
実はストーブの上に仏壇や諸々のものが落っこち、更にその勢いで載せていたやかんがひっくり返り、辺りは水浸しとなっていたのだ。
当然ストーブはびしょ濡れで、火をつける事など出来なかった。。。
この事が私にとって、一番の辛い誤算だった!
灯油さえ買っておけば停電でコタツもヒーターも使えなくても暖かく過ごせるし、ガスがでなくてもストーブで煮炊きが出来ると思っていたから。
結局便利な近代生活(?)に慣れ切っていた私達にとって、ライフラインはどれが損なわれても正常に機能し難いと言う事だ。

寒くて寒くて、昼まだ陽の高いうちは、車の中でヒーターを付けずに過ごす事が一番暖かいのだと言う事になった。
でも夜になったらどうする?せっかくお布団で眠れるように片付けたのに・・・
何より、このまま車中泊で車のヒーターを使い続けたらいずれガソリンが底を付き、動かす事も出来なくなってしまう。
あっという間に日が暮れる、真冬並の寒さの中、私達は寒くても布団を被りながら眠れる家の中に戻る事にした。
幸いな事に電気の来ない冷蔵庫の中には、冷え冷えの発泡酒がたっぷり!
暖める事が出来ないけれど少しはおかずの残りもあって、暗闇の中で震えながらの晩酌。
ラジオから流れる絶望的なニュースに泣きながら耳を傾け、小さな懐中電灯の灯りでまだまだ続く大きな余震に怯える、二日目の夜が更けてゆく・・・
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-14 10:14 | 311のあと・・・ | Comments(8)

その日   

3月11日の事、思い出したくなくて敢えて避けていたけれど
オイラ達は忘れちゃいけないのかな・・・と思うようになって来た
犠牲になった方達、未だに帰る事も許されず途方に暮れている方達にとって
被害の少なく日常を取り戻しつつあるオイラ達が
何事も無いような顔をして暮らしていちゃいけないのかなって
オイラ達に出来る事は、今回の事を忘れずに教訓として残していく事・・・
そろそろあれから丸2ヶ月が過ぎようとしている
かーさんの言葉を借りて、記憶を辿ってみる事にした


3月11日午後2時46分、何時ものように職場で郵便物の選別をしていた
ぐらり。。。という感じではなく、突然どーん!と、床から突き上げるような衝撃を受けた
「地震?」「えっ?こんなに急に強くなる?」などと、職場内が騒然となる
ただその時は、すぐ止むものと思っていた。長くてもせいぜい1〜2分の事だと。。。

何分経過しても弱くなるどころか、強さを増してゆく横揺れ
巨大な「何か」が地団駄踏むような地響きに、不安が増大してゆく
「危ない、皆外へ出て!」上司の声に我に還って
机の下に常備していたヘルメットと軍手を取り
既に停電で自家発電のみとなった薄暗い事務所の廊下を走る
外へ出てすぐ側の公園を目指すものの、道は波打ち、まともに走れない
既に公園は近くのオフィスから出て来た人々で一杯
全く治まらない揺れに皆不安で携帯でどこかへ連絡したりしている
この時携帯を持っていなかった私は、まだこの地震がとんでもない事になっていて
後に「未曾有の大惨事」とか「千年に一度の災害」と言われるものになる事など
気付く余地はなかった
公園に面したマンションから聞こえる、子供の悲鳴
会社の隣りにある結婚式場から、衣装合わせの為に訪れたのか
ウエディングドレスを着たまま、式場関係者に伴われて外に出る女性
停電で信号も、コンビニの看板灯も、街灯ビジョンも全く機能しておらず
間断なく訪れる余震に合わせたようにひらひら降り始めた雪は、あっという間に吹雪いて
周りは真っ暗になっていく
降り積もる雪だけが白く鈍く光っている

一日の後始末をして、自家発電で灯りとPCは動いているものの、
暖房の消えた事務所を後にしたのは、すでに6時を回っていた
仙台駅東口の駐輪場へ自転車を取りに向うも、真っ暗で人の居る気配は無い。
暗闇の中、携帯を懐中電灯代わりにして自転車を探す。
オヤジ様は無事とのメールが、ようやく繋がったばかりだったけれど
電話は繋がらないし、実家の状況も全く不明で、とにかく帰る為に自転車を漕ぐ。
既に凍結していて滑る路面と、信号が無いためノロノロ運転の車の間を縫って
走る、走る・・・よくまあ転ぶ事も無く帰れたものだと、今になって思う。

オヤジ様が、自宅近くの駐車場から突然声をかけて来た。
契約している駐車場はブロック塀や周りのアパートと接近し過ぎていて危ない為
少し離れた場所で私の帰りを待っていたのだと言う。
ああ、無事だった。。。シボちゃんは?
「ほら」オヤジ様はシボちゃんを探し出してくれていた。
安心感と、急に襲って来た寒さが身に沁みて、私は震え出した・・・
「家の中はもう入れないぞ。明日明るくなったら部屋へ戻ろう。今夜は車中泊だな」
もう何でも良かった。
オヤジ様とヒーターの効いた車に乗り込んだ頃、あれほど激しく降っていた雪は止み、
嘘みたいに見事な星空となっていた

少し暖まると、まだ続く余震の中、現金にも空腹を感じはじめた。
家には入れないとなると、コンビニやお店で食料を調達しなければ。。。
でも帰る途中立ち寄ったコンビニは軒並み「本日休業」だの「販売出来ません」だのと
張り紙が有り、買い物など出来る状況ではない。
仕方なく、情報を集める為もあり、近くの小学校へ行ってみる事にする。
うまく行けば食べ物も頂けるかもしれないし・・・

案の定ご飯と水の配給があると言うので、既に沢山の人でごった返した体育館で行列に入る。
テレビや映画で見ていた「配給」と言うものに、自分も参加することがあろうとは、
想像だにした事が無かった。何だかとても疲れた。
突然、発電機で体育館を照らしていた投光器が光を落とし、
まだ余震の続く体育館は暗闇に包まれて悲鳴が上がった。
パニックまでは行かなかったけれど、暗闇の中ただひたすら待ち続ける事の不安と恐怖。
皆よく我慢していたものだと思う。。。
その暗闇の中で、ようやくひじきご飯の配給が再開されて、オヤジ様と二人、
それぞれ頂いてまた車へ戻り、会社へ持っていった水の残りで食事を摂る。

地震発生からようやく一息ついて、ほっとしてブログをアップした。
ガソリンが減る事を承知で、ヒーターを炊き続け
やはりバッテリーが切れる事を承知で携帯のワンセグを観る。
小さな画面に映る映像はどうもピンと来ない・・・が、しかし。

小さなスピカーから聞こえる惨状には、心臓の鼓動が外へ聞こえるかと思うほどの衝撃があった!
津波は大津波となり、私の大好きな三陸の街や村、港を呑み込んだ事。
火災の起きた家屋が、その津波に流され延焼している事。
仙台の都市ガス供給の基地となっている、宮城野区の港が炎上している事。
そして。。。私の住んでいる仙台市若林区の荒井地区で、2〜300人と見られる遺体が確認された、と言う事!
遺体確認?発見じゃないの?
なぜ2〜300なんて曖昧な数字なの?
2〜3人の間違いじゃないの?
(まだこの時、福島原発の放射能漏れは話題になってはいなかった)
暗闇の中、不安になるニュースの音ばかりが頭の中に響き
やけに星の奇麗な車の中での一夜は更けてゆく・・・
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-09 22:32 | 311のあと・・・ | Comments(12)

春の香りの朝ご飯   

オイラ大好き筍ご飯。。。
炊き上がりが近づくほどに、筍の香りが台所中に広がる

c0158573_100848.jpg

シンプルに筍と揚げだけを、薄口醤油で焚き上げた
先日塩竈魚市場で仕入れた筋子と、巨大シジミの赤出しでの朝ご飯
筍苦手なオヤジもわぐわぐ食べて、おかわりしていた

春って美味しいなあ。。。
[PR]

by seechan2525 | 2011-05-07 10:02 | 今朝のお気に入り | Comments(12)