バラ・薔薇・ばら   

梅雨入りで雨の激しい昨日、仙台市若林区にある、
仙台市農業園芸センターに行って来たぞ。
ここは震災の時津波の被害にあって、しばらくの間閉鎖されていたところ。
昨日から2年ぶりに“バラ祭り”が開催されるって言うんで、雨の中出掛けて来た訳だ。
オヤジの亡くなったお母さんも、かーさんの超ど田舎で元気ビンビンな母ちゃんも、
ここが別の場所で『養種園』と言われていた頃から大好きだった“バラ祭り”
オヤジにもかーさんにも、特別な思いがあるみてぇだ。
四の五の言わず、沢山のバラの中から、写真写りがまあまあだった物だけ載せるぞ。

まずはオイラ大好き、黄色いバラのオンパレード。
“ゴールドマリー”。花びらの形と良い大きさと良い、「正しいバラ」って感じ。
c0158573_9594062.jpg


花びらの先がほんのり赤い“かぐや姫”。華やかな香りも楽しい。
c0158573_1004988.jpg


同じ黄色でも淡くはかなげな“新星”
c0158573_1014139.jpg



次ぎはオヤジお気に入りの赤やオレンジのバラ達。

可愛らしい“マリアンデール”。間引きされたみたいに土が剥き出しなのは、
津波の後に枯れちゃったのがあり、間引きして育てているかららしい・・・痛々しい。
c0158573_1052566.jpg


ちょっと似てるけど“希望”だって。可愛らしい赤が楽しいな♪
c0158573_1073275.jpg


そして“黒真珠”。艶やかで妖しい・・・なぁるほどなあ。
c0158573_1084676.jpg


雨の雫を受けてひと際華やかな“ハーモニィ”。かーさんにあげたいな。
c0158573_1095393.jpg


ウホン、オホン・・・え〜っと・・・“チンチン”
c0158573_10104530.jpg


それからかーさんがやたら気に入ったバラ。“ブルームーン”
この種類だけ何度も何度も写真を撮っている。お陰でオイラぐっしょり濡れた。
c0158573_10121612.jpg

c0158573_1012330.jpg
c0158573_10125510.jpg
c0158573_1013927.jpg




沢山の美しいバラ達に囲まれて、香しい香りに包まれてリフレッシュ!
c0158573_10162370.jpg

雨にも関わらず、沢山の見物客で賑わっていたぞ。

c0158573_10162468.jpg

そしてここは、通常なら熱帯・亜熱帯の植物が観れる温室なんだが・・・
震災の影響で、中は未だに立入禁止。
当然中にあった熱帯植物はダメだったろうな、と思われる。残念!







農業園芸センターにほど近い、チェーン店の『上海厨房』ってところに行って来たぞ。
初めてのお店だが、お昼時にも関わらず店内は比較的空いている。
ちょっと心配になったんだが・・・

c0158573_10273242.jpg

オヤジの海老そば。塩味のお野菜もたっぷりの、良い香りが・・・

c0158573_10343055.jpg

かーさんチョイスの酢辣湯麺。アツアツの餡が嬉しい!

味はまあ可も無く不可も無く。
ここはラーメン類よりも、中華料理そのものを頼む方が良いのかもしれねえな。
天津類や飲茶類が中々美味しそうだもの。

c0158573_10355813.jpg

それでもお約束通り、オヤジもかーさんもほぼ完食!
ごっつぉさん(ごちそうさま)、ゲプッ!
[PR]

by seechan2525 | 2012-06-10 10:36 | 季節感 | Comments(2)

Commented by チボチボ at 2012-06-10 12:49 x
あらまぁ、バラって大好きよ♪ 同じ黄色でも微妙に色・形が違うのね。香ってきそうだわ♪

>可愛らしい“マリアンデール”。間引きされたみたいに土が剥き出しなのは、津波の後に枯れちゃったのがあり、間引きして育てているかららしい・・・痛々しい。
↑こういうのを拝見していると、よりいっそう生々しさを感じられますね。爪痕がまだいたるところに見え隠れしているのに心が痛みます。

シボちゃんのレポートのおかげでバラ園を一緒に散策した気分になれたわ。ありがとうね♪
Commented by シー坊 at 2012-06-10 14:00 x
チボチボ様、見事に沢山のバラ、凄いでしょう?
とても撮りきれないし、観るのもこれで一部なんですよ!オドロキ!!
所々、ただネームプレートだけの所などがあり、
「日の当たり具合かしらね」なんて、昨日は言っていたのですが、
今朝の地元紙によると、枯れてしまった苗を手入れしながら間引きして…と言うくだりに、はっとしました。
温室も入れなかったしね…
徐々に…なのでしょう。
またいつか行こうと思ってます(^-^)

<< 情熱の薔薇を・・・ 梅雨空 >>